ホーム / 書籍 / 児童書 / ベビー中期 / Fleckieの旅–サーカス団 ID: B13810
拡大画を見る

Fleckieの旅–サーカス団

カテゴリ :
著者 : Markus Grimm
ISBN : 9783940508256
原作地域: ドイツ
原作言葉 : ドイツ語
出版日付: 2011
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
著作権を販売できる国や地域 :
日本 , 韓国 , 香港,中国 , マカオ,中国 , 中国 , 中国の台湾
Fleckieのシリーズ文庫はお互に影響し合う、読者の読むことによってFleckieちゃんの冒険は完了するのだ。例えば、初めての冒険旅行では、Fleckieちゃんはフランスにしぶしぶ着陸し、子供たちの援助のお陰で、故郷に帰て来る。

ほら!Fleckieちゃんはまた冒険へ旅たったよ。今度の冒険では、著者のマーカスグリーンはテントウムシちゃんを"新世界"へ引き連れる。圧倒やつは今回、Boogilinoサーカス団と一緒に旅することのなり、大喜びに溢れている。Fleckieの旅--サーカス団シリーズ図書では、テントウムシちゃんは才能と技芸を発揮できる大きいな舞台に踏むことになり、しかもあっさりと出し物をするのだ。Boogilinoサーカス団の実演が始まるとき、こんなにカラフルで、活気に溢れるとはFleckieが自分の目を信じられなかった。

ヒーローのFleckieちゃんは動物や俳優何でも興味を持つが、利口なFleckieちゃんはこの中の奥深く秘密を見通す。動物達と遊ぶために、Fleckieちゃんはすでにサーカス団と一緒に旅立った。その親友小さなリス大腸菌(アイヒ)が、また、この第二の冒険旅行に参加します、ベストフレンドのリスEichちゃんも今回冒険に参加、やつはとFleckieちゃん共に重要な役割を果たすことになる。

著者について

マルクス·グリムは歌手、作家、作詞家、作曲家、ゲームや音楽編集。非常に勤勉人で、ほとんどの時間は仕事に追われている。音楽を除いて、グリムは本物のライターであり、彼はこの職務に情熱を持ち、例えば、2009/2010年度にかけて、彼はさまざまなカテゴリで本を出版した。 そのうち、『Fleckieの旅–サーカス団』本は、彼の児童書の創作への道に基礎を定める。

出版社 ( 中国 )出版社 ( ドイツ ) 交渉されている書籍 2014/01/14
その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?