ホーム / 書籍 / 小説 / 雨のように,きこえる ID: B25572
拡大画を見る

雨のように,きこえる

カテゴリ :
著者 : 有城佳音
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
著作権が販売された国や地域 :
日本
販売された言葉:
日本語
2000年11月に光芒社より刊行された、有城佳音のデビュー作をB-factory12版にて復刊。
短編・中編全8作品を収録した作品集。
有城佳音20代後半の完全版。
静かなファンの多い十年のロングセラー。
孤独な男と女の逃避行を描いた「リフレイン」
閉ざされた世界と運命を描いた表題作「雨のように、きこえる」
男の悲しい愛の末路を描いた「ボストンバッグとスリップ」
狂った言葉のない性の衝動を描いた「無意識の森」
など、孤独と性と死を描いた有城佳音のデビュー作。
≪収録作品≫
リフレイン
雨のように、きこえる
月にゆれる
れもん
Missing
ボストンバッグとスリップ
無意識の森
時に関するふたつの短い物語
≪読者の感想より≫
・私たちは毎日生きて、死んで、
世界がそうやって動いているのを知っているはず。
長い人生の中で繰り返されるのに、
いつまでたっても慣れることの無い現実。
有城佳音の作品は、いつも絶望の淵を見せてくれる。
・終始「静かな」物語であったと感じます。
現実に起きたことなのか、夢の続きなのかさえわからないといったような、
何とも儚げな雰囲気。現代人の寂しさが被さって切ないです。
・素直に書かれたものには、人を引き付ける魅力がある。
世の中に溢れている、素直ぶりっこ、のことではない。
そんなものではなく、自分の気持ちについてよく考え、整理し、
心の奥底に隠れているものを、怖がらずに表現したもの…。
そういうものを私は言っている。
その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?