ホーム / 書籍 / 歴史 / 軍事 / 戦略 / 解放軍はなぜ勝てるのか. ID: B25351
拡大画を見る

解放軍はなぜ勝てるのか.

カテゴリ :
著者 : 刘明福
ISBN : 9787801768261
原作地域: 中国
原作言葉 : 中国語(簡体字)
出版日付: 2012
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。

解放軍はなぜ勝てるのか。

――解放軍の謎

これは中国軍界の「勝つ派人物」である劉明福が書いた本。劉明福は中国国防大学の有名な教授であり、早くも2010年1月に出版された『チャイニーズドリーム』で中国とアメリカにおけて一大センセーションを巻き起こした人物である。

本書によると、解放軍は今の世界で1本の最大な常勝軍である。

解放軍はかつて世界21カ国と戦い、交戦したことがある。

解放軍は86年間の歴史の中で、作戦上の戦いの規模は10回敗軍、400回余り勝ち戦した輝かしい記録がある。

1927年以降の中国を理解するには、解放軍のことを理解しなければならない;今日の中国の台頭や未来の中国の強大化を分かるには、解放軍のことを理解しなければならない。

解放軍は世界の軍事の舞台上で最大の謎である。『解放軍はなぜ勝てるのか』には解放軍の7つの謎が集中的に解ける:

解放軍の一番目の謎――共産党はどういう風に解放軍を指導したか、なぜ共産党の解放軍への指導自身は解放軍の「軍魂」なのか?

解放軍の二番目の謎――毛沢東、鄧小平、江沢民、胡錦濤の軍事思想とは、中国共産党の軍事思想の優位とは。

解放軍の三番目の謎——なぜアメリカ軍隊は解放軍の戦闘精神に一番恐れるのか?なぜ解放軍に多数の英雄が輩出できるのか?解放軍のすべて敵を打ち負かせる戦闘精神はどこから生まれたのか?

解放軍の四番目の謎——解放軍の兵隊を率いる哲学とは?解放軍の兵隊を率いる方式とは、欧米軍とどんな違いがあるのか?

解放軍の五番目の謎——なぜ解放軍は世界最強の軍隊を建設しなければならないのか。なぜ解放軍は世界の「ナンバーワン」でなければならないのか。今日と未来の米中の軍事競争は、冷戦時期のアメリカとソビエト連邦間の軍備競争とはどんな差違があるのか。

解放軍の六番目の謎——なぜ解放軍はアメリカ軍にあえて五回も戦い、「亮剣」できたのか?どうして解放軍はアメリカ軍隊の軍事ゲームの中で、不敗な伝奇を維持できたのか?なぜ新中国の指導者はアメリカに直面するとき、いつも「六つの恐れず」、いわゆる中国はアメリカの封鎖に恐れず;アメリカの制裁に恐れず;アメリカの中国に対する孤立に恐れず;アメリカの中国に対する包囲に恐れず;中米間の破裂に恐れず;アメリカの中国へに侵略戦争することに恐れないという戦略気概を持ち続けたのか。

解放軍の七番目の謎――解放軍の最大の相手は内部腐敗である。解放軍には2つの戦場が直面されている:一つの戦場は軍隊外部からの軍事闘争;もう一つの戦場は、軍隊内部で腐敗分子との反腐敗闘争。解放軍がどうやって「紙幣の中から将軍が生まれる」、「通貨を頼りに昇進」のような「買官」「売官」の横行 問題を解決したのか。

『解放軍はなぜ勝てるのか。』では、深層の上から全方位的に解放軍を「透視」できた解放軍に関する「謎解き」良書である。

著者プロフィール

劉明福:国防大学教授。済南軍区政研室主任、国防大学の軍隊建設研究所所長、国防大学の「軍隊建設学」アカデミックリーダー、国防大学「軍隊管理学」アカデミックリーダーを歴任。「刘伯承科学研究成果特等賞」の受賞者、中国人民解放軍の「全軍優秀共産党員」。『チャイニーズドリーム』、『グロバルな視点から見る中国政府』、『解放軍はなぜ勝てるのか。』、『軍魂論』、『富国強軍』などの著書が多数

その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?