ホーム / 書籍 / 家庭&育児 / 大人だってわかってもらえて安心したい―発達する保育園 大人編 ID: B22654
拡大画を見る

大人だってわかってもらえて安心したい―発達する保育園 大人編

カテゴリ :
著者 : 平松 知子
ISBN : 978-4894641846
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2012
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
親も保育者も、辛さも含めて安心して自分を出せ、互いに認め合い・学び合える関係が紡げる保育園でありたい。合い言葉は「人とのつながりを決してあきらめない」。子どもたちに「仲間っていいもんだよ」「未来ってステキだよ」って胸張って言える人でありたいから。新人だらけの職員集団と新米園長が、泣き笑いを繰り返しながら、一歩一歩発達してきた記録です。
第1部 かっとうする子どもたちの姿と本当の気持ちにたどりつく保育
Ⅰ章 これまでの保育が通用しない/
Ⅱ章 子ども理解の根っこを学ぶ
第2部 なりたい自分に向かって仲間の中でどんどん変わっていく子どもたち
Ⅰ章 3歳児・「なかよしさん」のいる安心感/
Ⅱ章 4歳児・みんなが聞いてくれる、わかってくれる/
Ⅲ章 5歳児・自分だけじゃダメの取り組みが目白押し/終章 子どもも大人なも自分らしく 〈本書に寄せて〉・加藤繁美
著者略歴
平松/知子
1961年静岡県浜松市生まれ。1981年浜松の民間保育園で2年間勤務。1983年名古屋市に移り、社会福祉法人熱田福祉会のぎく保育園のパート勤務後、翌1984年正規職員として就職。2007年名古屋市立則武保育園廃園民営化を受託開園した社会福祉法人熱田福祉会けやきの木保育園園長に就任。民営化受託後の引き継ぎ保育と新園での保育園づくりの経験から、各地での受託園から見た民営化の実際や、現代の保育所の役割や、社会的な存在としての子どもの見方などについて語り続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?