ホーム / 書籍 / スポーツ&アウトドアスポーツ / 眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意 ID: B22455
拡大画を見る

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

カテゴリ :
著者 : 遠藤 保仁 著 西部 謙司 著
ISBN : 9784862551641
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2013
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
目次
【CONTENTS】
●第一章 『眼』~優位な戦況を作る眼~
ピッチでは眼(視覚)で状況をとらえることからはじまる。遠藤は眼からどのような情報を集めているのか?
ボールやゴール、敵味方21名、時にはベンチにいたるまで。優位な戦況を作り出せるかどうかは眼で決まる。
遠藤が日頃から見ている試合の風景を紐解く。
・少年が見ていたブランコと、敵の監督
・ダイレクト・ロング・スルーパス
・レシャックに出会って確信を得る
・とられないの前提
・量より質
・こだわりのパス
・楽しさの原点
コラム 最初に「眼」ありき
●第二章 『術』~ゲームをあやつる術~
眼でとらえた情報だけではプレーできない。実行するには技術が必要になる。
一見すると、遠藤は派手なプレーをしない。それでも正確かつ大胆に淡々とプレーする。
遠藤がこだわる技術とは何か?
ゲームをあやつる術を解き明かす。
・プロゴルファー猿?
・シュートはコース
・守備での貢献
・変幻自在のポジショニング
・間で受ける
・同数なら守れる
・もし、遠藤保仁が監督だったら
・ピッチで生きる「術」
コラム ピッチで生きる「術」
●第三章 『戦』~理想とする戦法~
サッカーにおける戦い方とは何か?勝つために効果的な「戦法」のことだ。
ただ遠藤が目指しているのはそれだけではない。戦術が楽しめること、そして観客を魅了することにある。
そこで遠藤に理想の戦い方について聞いた。
・南アフリカW杯の成功と後悔
・貫いてボロ負けしたほうがいい
・日本代表の成熟
・日本スタイルの現在地
・強者の立場へ
・奪えなかったゴール
・フィジカルとの戦い
・日本対策との戦い
・ザッケローニ監督とチームメート
・これからのサッカー、Jリーグ
コラム 「戦」のスタイル内容説明

ついに明かされる日本サッカー界、最高の“頭脳”である遠藤保仁の試合中における思考法。

日本代表、ガンバ大阪での体験・経験を通じて、遠藤保仁が考える理想のサッカースタイル
その類まれなプレー理論やサッカー理論、戦術理論について稀代の戦術家である西部謙司が余すところなく解説。「遠藤保仁×西部謙司」による共著本が誕生!
試合中に遠藤が見ている世界とは?
「調子がいいときは“ここにいるだろうな”というところまでドンピシャでわかります。
そういうときはプレーが楽ですね。遠くのほうをしっかり見て、近くは残像で見る感じですかね。
近いほうは自然に目に入ってきますから」

その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?