ホーム / 書籍 / 社会科学 / 「国防軍」ー私の懸念 ID: B21856
拡大画を見る

「国防軍」ー私の懸念

カテゴリ :
著者 : 伊勢崎 賢治・小池 清彦・柳澤 協二
ISBN : 978-4-87803-0603-3 C0331
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2013
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
内容
シリーズ「安倍新政権の論点」第1弾
自衛隊や国連平和維持軍を統括した経験のある3人の著者が、安倍首相の「国防軍」構想と集団的自衛権容認に異議を唱える。
軍隊をよく知る著者だからこそ、それが日本の国益に反するものであると喝破する。日本の未来を憂える人に必読の書。
目次
伊勢崎「国益」に反する改憲を「セキュリタイゼーション」で考える
小池本格的な海外派兵体制は日本を軍国主義に導くことになる
柳澤実態も論理も無視した集団的自衛権論議を批判する

著者プロフィール

伊勢崎 賢治 イセザキケンジ

元国連平和維持軍武装解除部長・現東京外大教授
東チモールで県知事として国連平和維持軍(PKO)を統括(2000年〜)
シェラネオネでPKO武装解除部長として5万人から武器取り上げ(2001年〜)
アフガニスタンで日本政府代表として6万余人を武装解除(2003年〜)

小池 清彦 コイケキヨヒコ

1937年、新潟県加茂市生まれ。
1960年、東京大学法学部を卒業し、防衛庁に入庁。。英国立国防大学に留学後、防衛局計画官、官房防衛審議官、防衛研究所長、教育訓練局長を歴任し、 1992年、退官。1995年、加茂市長に当選し、現在3期目。

柳澤 協二 ヤナギサワキョウジ

東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長


その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?