ホーム / 書籍 / 社会科学 / 地震大国の防災を考える ID: B21322
拡大画を見る

地震大国の防災を考える

カテゴリ :
著者 : 監修 / NPO法人東京いのちポータルサイト
ISBN : 978-4426114572
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2012
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
図書情報
定価 2,980 円(本体 2,838 円 + 税5%)
単行本: A5 判/ 240ページ
出版社: 自由国民社 言語 日本語
ISBN-10: 4426114578ISBN-13: 978-4426114572
発売日: 2012年03月07日
商品の寸法: 21.4 x 15 x 2.4 cm
内容紹介
首都直下地震、迫り来る西日本大震災。災害に立ち向かうために何をしておくべきか。21名の防災専門家による「防災」「減災」提言集。
目次
【第1章:災害に強い社会をつくる】
『自分の命、家族の命を守るためにできること』 ★目黒公郎

『防災力のあるまちづくりのために』 ★中林一樹
『災害から人を守るために』 ★室崎益輝
『来るべき災害に負けないように、足下を見てわが身を正そう!』 ★福和伸夫
『地震防災研究の実践を目指して』 ★翠川三郎
『賢い被災者になるために』 ★重川希志依

【第2章:まちづくりと建築土木】
『自分たちの手でまちづくりを』 ★柴田いづみ
『土木構造物の耐震設計』 ★後藤洋三
『耐震改修して、地震に強い家を』 ★小川富由

【第3章:防災教育】
『防災教育につなげる力を』 ★諏訪清二
『命を左右する災害時避難』 ★片田敏孝
『「わがこと」であるという意識』 ★吉川肇子
『決して難しくない、ここから始める防災対策』 ★国崎信江

【第4章:災害情報とボランティア】
『災害ボランティアの活動』 ★栗田暢之
『災害情報ボランティアの役割』 ★干川剛史

【第5章:行政の危機管理】
『防災を大いに語り、大いに考えよう!』 ★上原美都男
『自治体とボランティアとの関係』 ★桜井誠一
『減災は一人ひとりの努力から』 ★渋谷和久
『自分の命を守るための備えを』 ★齋藤實

【第6章:企業の事業継続計画】
『「みんなで防災!」家庭と企業で』 ★西川智
『事業継続計画(BCP)とは?』 ★丸谷浩明

コラム「3.11東日本大震災から学ぶ」
コラム「東日本大震災を踏まえて

その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?