ホーム / 書籍 / 社会科学 / 日本が世界一「貧しい」国である件について ID: B20494
拡大画を見る

日本が世界一「貧しい」国である件について

カテゴリ :
著者 : 谷本真由美(@May_Roma)
ISBN : 9784396614515
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2013
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
この本の内容
なぜ日本はバカにされるようになったのか?
「クレクレ病、何でも人のせい、傲慢で怠け者」──世界は今のJapanをこう見ている!
日本生まれでロンドン在住、元国連職員の「ツイッター芸人」
あのMay_Roma、初の完全書下ろし!
ほっとけない、日本の「貧しさ」。
●海外の書店で「日本コーナー」が消え、大学では「日本研究」がなくなった
●自分の時間も与えてもらえず、死ぬまで働く社畜たち
●日本のサラリーマンたちは世界基準で最低評価
●外国の辞書にも載っている「カローシ」
●「ノマド」になれるやつなんて本当はほとんどいない
●「グローバル人材」なんて一生育てられない教育システム
●政府にだまされまくっても信じ続ける、ナイーブな国民
(本書の内容から)
ニッポンの何が問題なのか?
天下りが減らないのも、原発事故でさまざまな隠蔽が発覚したのも、日本の人々の多くが「傍観者」に徹していて自発性がないことに起因するのではないでしょうか。
自発性がないから、自分の問題を直視せず、何かを変えようという行動をとらないのです。いつまでたっても残業が減らず、労働環境や住環境が悪化する一方なのは、つまり、「自分の責任」なんです。
自分の生活をよりよくしたければ、まず自分の問題を分析し、「どうしたら良いのか?」と自分の頭で考えることから始めないといけないのではないでしょうか。
しかし、残念ながら、日本の人には、「自分の頭で考えなければいけないんだ」という必要性すら、理解している人が多くはないようです。(本文より)
その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?