ホーム / 書籍 / 心身の健康 / 心理学とカウンセリング / 児童心理学 / 子どものこころの不思議 児童精神科の診療室から ID: B17572
拡大画を見る

子どものこころの不思議 児童精神科の診療室から

カテゴリ :
著者 : 村田 豊久
ISBN : 978-4-7664-1638-1
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2009
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
子どものこころの臨床の真髄がここに。
子どもの発達とは? 発達障害とは何なのか。
▼こころの発達とは、発達障害とは何なのか。児童精神医学の臨床医の草分けともいえる著者が、だれにも分かりやすく、エピソードをまじえ、子どもだけではなくその周りの人々も含め、どのような援助ができるか、その本質に迫る。
▼自分の辛さを言葉で表現できない子どもは、行動や身体症状などにそれを表すことが多い。苦しんでいる子どもを前に、どのように気持ちをくみとり、救ってあげられるのか……、長年の臨床経験をもとに、発達段階に合わせて解説する。
本書は、日本図書館協会選定図書です。
精神療法 第36巻第2号(2010年4月)「書評」(271頁)で紹介されました。
児童青年精神医学とその近接領域 51巻1号(2010年2月)「書評」(47頁)で紹介されました。
児童心理 2009年10月号「今月の本棚」(142頁)で紹介されました。
まえがき
第1章 乳幼児期の子どものこころ
子どもの関係性の成立――赤ちゃんの〝歩きっぷり〟からとらえる
ことばをはぐくむ(1)――ことばの発達について
ことばをはぐくむ(2)
幼児のしめす不安反応(1)
幼児のしめす不安反応(2)
第2章 学童期の子どものこころ
小学生になって
災害に遭遇した子どもの心的後遺症
いじめについて考える(1)
いじめについて考える(2)
排泄の問題をひきずる小学生
自分について …… つづきを読む
著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。
村田豊久(むらた とよひさ)
1935年鹿児島県生まれ。九州大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。専門は児童精神医学。九州大学医学部附属病院、パリ大学医学部医学心理学教室留学、福岡大学医学部助教授、福岡大学病院客員教授、九州大学教育学部教授、西南学院大学教授などを経て、現在村田子どもメンタルクリニック院長。発達障害の病理と治療、子どものうつ病、自閉症、精神疾患の予後などを研究しつつ、長年子どものこころの臨床に携わる。教育と医学の会理事。著書に『自閉症』(医歯薬出版、1980年)、『子どものこころの病理とその治療』(九州大学出版会、1999年)、『子ども臨床へのまなざし』(日本評論社、2009年)など。
その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?