ホーム / 書籍 / 社会科学 / 社会学 / サブカル「真」論 連続シンポジウムの記録 ID: B16395
拡大画を見る

サブカル「真」論 連続シンポジウムの記録

カテゴリ :
著者 : 宮台真司
ISBN : 978-4901391-66-5
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2005
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。
サブカルチャーよ、“日本”を討て!!

宮台真司をはじめ、各界の過激な発言者が戦後の日本文化、そしてそれを支える日本の社会システムを、サブカルの視点から新たに且つ鋭く解読し、大胆に総括!さらに、新しい日本の方向性についても完璧に予測。これを読めば日本の明日が見えてくる!

発言者

宮台真司(都立大助教授)
江川達也(マンガ家)
イ・ヒョンソク(マンガ原作者)
中森明夫(作家)
宮崎哲弥(評論家)
森達也(映画監督)
松田政男(映画評論家)

主な内容

第1章 日本−マンガ−アジア
日本のマンガの現状を、韓国の文化状況と比較しながら、日本マンガの未来を大胆に予測。
第2章 総括サブカル、そして新たな地平は
80年代以降のサブカル情況について、当事者による発言を中心に、日本文化の深淵に迫る。
第3章 映画から見たサブカルの現状と展望
日本の映画情況を体現してきた当事者同士が語る、新しいイメージの日本人および日本社会。
日本カルチャー年表:戦後日本の文化を映画・マンガ・テレビ・出版・社会事件の項目により細密に網羅。日本文化の歴史を集大成。

第一章 日本−マンガ−アジア

発言者 江川達也/イ・ヒョンソク/宮台真司

第二章 総括サブカル、そして新たな地平は

発言者 中森明夫/宮崎哲弥/宮台真司

第三章 映画から見たサブカルの現状と展望

発言者 松田政男/森達也/宮台真司

その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?