ホーム / 書籍 / 芸術 / 書道 / 書道の理論 / 中国の書道 ID: B13639
拡大画を見る

中国の書道

カテゴリ :
著者 : 程方平
ISBN : 9787507536621
原作地域: 中国
原作言葉 : 中国語(簡体字)
出版日付: 2012
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。

発売日:2012.5

ページ数: 20

字符数:280千

装 丁:並製本

読者:大衆向け国語教師と書道愛好者

会社概要

華文出版社プロフィール

華文出版社は1987年に創立、2010年に中国出版グループ会社下の重要な人文教育出版版元となる。華文出版社は人文教育を元に、中華文化を伝える役命を果たす。世界中の華人にサービスいたす、人文教育、学術文化、宗教文化、统一戦線文化、人物伝記、民国文史和中小学教材主な分野で発行する。最近発行されている主な出版物は『文章選集』、『黄炎培日記』『赵朴初文集』、『鲁迅伝』、『吴孟超伝」「百年チベットである20世紀の人と事』、『真実な将介石の探求』、『将経国伝』、国内小中学校向けの教材「書道」、国際多言語版のの教材「漢字の書き方」などが含まれる。

『中国の書道』

内容紹介

書道は表面的な形式と技法ばかりではなく、形而上学の高さから一つの文化現象の精髄を率いるという、これは書道である。本書は単なるに簡単に書く技法から飛び出し、書道のコンテンツを掘り起し、中国文字の進展変化してきた奥深い過程をごくわかりやすく述べる。書法、書道と書芸を比较し、中国の書道の源を指摘される。もっと多くの人が書道の研究と普及に導いてほしい、グロバルの高さから中国の書道文化をくわしく見、さらに中国書道の復興道を探索しつつある。

著者プロフィール

程方平、中国人民大学教育学部教授、中国書家協会の会員。研究領域は、教育史、比較教育、書道、篆刻や絵画などです。

目次

端書き

第一话 道

第二话 書道

第三话 中国の文字および文字書く芸術法

第四话 書芸、書法と書道概念の比較

第五讲 鐘鼎文と籀文(大篆)

第六话 篆书

第七话 隷書(上)

第八话 隷書(下)

第九话 楷書(上)

第十话 楷書(下)

第十一話 行書

第十二话 草書(上)

第十三話 草書(下)

第十四話 字法、文章の構成法

第十五話 鑑賞および全体感法 第十六话 書道の品性

第十七话 規範と革新法

第十八话 回帰と多様性

第十九话 書道研究

第二十话 中国の書道の復興及びその価値

登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?