ホーム / 書籍 / 心身の健康 / 保健と養生 / 24式の太極拳の詳細な解明 ID: B10545
拡大画を見る

24式の太極拳の詳細な解明

カテゴリ :
著者 : 邱慧芳(Qiu Huifang)
ISBN : 9787534585739
原作地域: 中国
原作言葉 : 中国語(簡体字)
出版日付: 2011
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。

太極拳は中国伝统的ボディビル種目であるだけでなく、一種の格闘と身構える術であり、非常に高く評価される一種の保健養生である。

24式太極拳は楊式太極拳簡素化されてきた。従来の太極拳のパターンとちがって、24式太極拳はもっと簡潔で把握しやすい、太極拳の運動の特徴十分に現し、太極拳の伝統的な粋を濃缩してある。24式太極拳が簡単から複雑の原則で並べて、より簡単に把握できる、さらに勉強しやすくなっている。簡素なパターンはさらに适病弱者の練習に相応しい。

24式太極拳は筋肉を解す運動を通し、呼吸法と導引または考えの調節を結びつけ、人体の臓腑機能を強化し、血液の循环を良くできるし、経络の疎通を図り、筋や骨を強めさせることができる。したがって、体質が弱い人や、慢性病にかかっている人にとって、事を明らかにし、24式太極拳は一つの良い保健養生、祛病や寿命を延ばせる運動の方式。それに大衆保健養生に適した選択である。

本書では文字の解釈とイラスト入りで、24式太極拳のパターンと動作を详しく说明してある。そこには、練習要点・学錬ポイント、ミス、そして是正する方法などが含まれている。愛好者の皆さん、特に、初心者に太極拳を勉强できる舞台として提供されている。

同时に、養生で体を鍛え、祛病することを結びつけ、病気別に相応な防止方法を紹介してある。それに、単式から始め、セット練習の限定を破り、もっと手軽に保健養生することができる。

原作の抜粋 :

第一章 太极拳养生的精华——24式太极拳

 从太极到太极拳

“太极”是我国文化的始原,它代表了派生宇宙万物的本源,将太极哲学渗入到中国武术文化之中,就产生了太极拳。数百年来,太极拳之所以受到人们的推崇,主要是由于它所蕴含的丰富而深刻的思想内涵与以阴阳为基础的东方哲理。

  太极拳精深的理论基础

太极拳以《易经》中的变易、简易、不易的法则和“一阴一阳”、“刚柔相摩”等思想为主,同时吸收了孔孟的“中庸之道”和老庄的“无为”、“虚静”、“柔弱取胜”的思想,以及医理的气血经络等理念,还包括兵法的动静虚实等方法,从而形成的“一阴一阳谓之拳”。

  太极拳的阴阳说

王宗岳的《太极拳论》说:“太极者,无极而生,动静之机,阴阳之母也。动之则分,静之则合。无过不及,随曲就伸。人刚我柔谓之走,我顺人背谓之粘。动急则急应,动缓则缓随,虽变化万端,而理为一贯。”对太极拳而言,动之为阳,静之为阴;实者为阳,虚者为阴;攻者为阳,守者为阴;刚者为阳,柔者为阴。

因此,太极拳的精髓就是阴阳、动静、虚实之间的相互变化。它的奥秘,就在于永远处于变动开合状态。而这种状态,必须遵守平衡,即“无过不及,随曲就伸”。

  太极哲学在太极拳中的应用

太极拳借用太极哲学中的概念来阐述自己的拳理和拳义。“无极”代表身体相对静止的状态;“太极”表示身体阴阳互动的运动姿态;“两仪”代表动静相和,虚实相应;“四象”表示人体的四肢;“五行”表示行拳过程中的前进、后退、左顾、右盼、中定等技法;“八卦”指拳术中的推、捋、挤、按、采、捌、肘、靠等主要劲别或四正四隅的八个方位。以太极来命名拳术,象征着太极拳是圆转的,弧形的,而且说明它的拳法、拳理包罗天地的变化,博大精深,是一阴一阳、刚柔相济的高深拳术。

......
その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?