ホーム / 書籍 / スポーツ&アウトドアスポーツ / ゴルフ / ゴルフ 読むだけで誰でも20yd飛距離が伸びる! ID: B18423
拡大画を見る

ゴルフ 読むだけで誰でも20yd飛距離が伸びる!

カテゴリ :
著者 : 関 浩太郎
ISBN : 978-4-262-16380-2
原作地域: 日本
原作言葉 : 日本語
出版日付: 2013
公布者:
ファイルにこの書籍を追加する
この書籍はファイルに追加された。
会員のフォルダーには 0 本書。

ゴルフで飛距離アップは最大の夢であり、目標です。
ただ、色々試してみてもなかなか思うような効果が出ない、というのが現状です。
ティーチングプロの関浩太郎氏が、独自の観点から提唱する「4セクション理論」でアナタの飛距離アップをお約束します!

目次

Prologue 「4セクション」の考え方とは?
4セクションのバランスをとりすべての数値を上げるほど上達する
「体」の考え方 不器用なパーツを減らす作業が大切
「フォーム」の考え方 反復性の高いシンプルな動作を理解する
「クラブ」の考え方 自分のスイングに合ったドライバーを選ぶ
「メンタル」の考え方 心のセルフコントロール力をつける
4セクションではメンタルが一番難しい

Chapter.1 4セクション…「体」 体づくりで飛距離アップ
体づくり① 足首 スイングの土台部分を強くする
体づくり② 足の指 大地からパワーを吸収する
体づくり③ 股関節 腰の回転の司令塔の役目を負う
体づくり④ お腹周り 飛ばしのボディターンをサポート
体づくり⑤ 尻 瞬発力を最大に引き出すパワーの源
体づくり⑥ 肩 腕を縦に振る動きを促進する
体づくり⑦ 首 捻転の深いトップスイングをつくる
体づくり⑧ 手首 キャスティングでヘッドを走らせる
体づくり⑨ 握力 スイング軌道を安定させる

Chapter.2 4セクション…「フォーム」 フォームづくりで飛距離アップ
アドレス バランスのいい姿勢と足幅がカギ
テークバック 体幹の回転でスイングをスタート
ハーフウエイバック 体の回転と縦コックを使って上げる
トップスイング 頭を右に動かし、体重を右足に乗せる
切り返し 胸を開かないで腰を先に戻していく
ハーフウエイダウン リリースを我慢してクラブを下ろす
インパクト 体の回転を利用してボールを前に押す
ハーフウエイフォロー パワーを効率よく伝達した結果
フィニッシュ 両ヒザが揃えば腰がフルターンした証

Chapter.3 4セクション…「クラブ」 クラブ選びで飛距離アップ
ヘッドの重心位置 ボールの直進性、横や縦の打ち出し角に大きく関係
ロフト角 ボールが上がりにくい人はロフト角が多めがいい
ライ角 球がつかまりやすいのはアップライトなクラブ
ヘッドの顔 恋人選びのようにクラブにも相性がある
フレックス シャフトは軟らかめのほうが飛ばせる
キックポイント 先調子のシャフトは球のつかまりがいい
トルク ハイトルクのものはミスの許容範囲が広い
クラブ重量 やや重めのドライバーが飛ばしに有利
グリップ 柔らかめでやや細めのグリップが理想
シャフトの長さ ミート率とスイング軌道を考慮して長さを決める
バランス

Chapter.4 4セクション…「メンタル」 メンタルで飛距離アップ
スイングの「スピードリミット」を考える
素振りは下を見ないで目標を見るのがコツ
「ヤーテージ÷打数=無理のない攻め」のコツ
いつもアクセル全開のプレーではスコアが必ず崩れる
トップとフィニッシュで3秒止める素振りが効果的
緊張を解くには口角を上げてスイングするといい
日本のコースのフェアウエイ幅は平均50ヤードもある
練習では飛距離を意識するより滞空時間を数えよう

その他関連書籍:
登録してください

メールアドレス:

パスワード :

無料登録して新規になる

パスワードをお忘れですか?